“スマホ版『どうぶつの森』11月リリース決定! “

大人気のシュミレーションゲーム、『どうぶつの森』の最新作がスマートフォンでリリースされることが決定しました。タイトルは『どうぶつの森 ポケットキャンプ』。プレイヤーはキャンプ場の管理人になり、どうぶつたちの集まるにぎやかなキャンプ場をつくります。つりをしたり、フルーツひろい、ムシとりなどキャンプライフを満喫しましょう。どうぶつたちと仲良くなればキャンプ場に招待できるようになります。そのほか、キャンプ場にいろいろな家具や遊具をつくったり、キャンピングカーをカスタマイズしたり、さまざまな楽しみ方ができます。スマホアプリならではの期間限定イベントも、どんなものが用意されるのか気になるところですね。
アプリの配信に先駆け、10月25日(水)お昼12時から「スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25」が放送されています。放送時間は約15分で、こちらの番組内でも最新作のさらなる続報が明らかになっていくようです。
スローライフを楽しむ人気のゲームのスマホ版、今から期待が高まりますね。『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はiOS版、Android版ともに11月下旬リリース予定です。

20. 1月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

ソフトバンクとフィリップス、IoT×ヘルスケアで新ソリューション開発へ

ソフトバンクとフィリップス・ジャパンは、ヘルスケア事業領域において協業し、IoTやAIを活用した新ソリューションを開発することに合意しました。両社は地域包括ケアシステムの管理者、従業員の健康管理に取り組む企業、ヘルスケアサービスのユーザーを対象とした、新しいソリューションの提供を目指すと案内しています」。ソリューション開発と共同実証実験を順次開始するとしているのです。ソフトバンクはヘルスケア領域において、クラウド型の健康管理サービス「パーソナルカラダサポート」を展開。モバイル通信機能を搭載した体組成計「スマート体組成計 301SI」を提供しています。また、法人向けには医療機関向けの情報プラットフォームなども手がけているのです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップスエレクトロニクスジャパン)は、ヘルスケアの専門企業として、病院向けのクラウドサービスを展開。AEDや在宅呼吸器などをクラウドで管理するサービスなどを提供しています。

17. 1月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

auが教育事業にも

auって教育の分野にも乗り出していたんですね。分かっていることではありますが、すでにスマホ市場は飽和状態にあります。世界的な視点で見れば別ですよ。まだまだ格安のスマホなどがこれから普及しつつある地域や国もありますから。しかし日本国内だけを考えていくと、すでに頭打ちではないでしょうか。そのために、携帯以外の事業にも本腰を入れないと大手キャリアでも先行きに不安があるのでしょうね。

最近MVNOのスマホ、通信のみの利用者が増えているとも言われています。ただ、これらに通信を提供しているのはauなどの大手キャリアなので、どちらでも新規の顧客が入ってくれれば良いのかな?とも思うのですが。。

イーオンHDをauが買収することが発表され、中国のネット通販とも提携とか、大きな動きがあるのも確か。教育事業っていうのがどういうものかは知らないのですが、多角経営することで1つがダメになっても他の事業でつないでいく、という時代なのかもしれませんね。

14. 1月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

コヴィアの新機種

コヴィアからAndroidスマホの新機種、FLEAZ Que +Nが今月20日に発売されるそうですね。価格は同社サイトで1万5800円(税抜)。

コヴィアって名前はネットでもよく見ていたので知っていたんですが、スマホを販売していたんですね^^ホームページを検索して行ってみたんですが・・。すごく見辛いサイト^^

トップページは、えっと・・誰か素人さんが作った?というようなまとめサイトのような雰囲気。FLEAZ Que +Nの商品ページに行くと、今度は高度な技術が使われていると思われるんですが、ごちゃごちゃしていて商品の詳細を知ろうとしても見辛い、読み辛いで、結局ページを閉じてしまいました。

10代とか20代の人は、多分こういったページでも平気で見るのかもしれませんが、それ以上の年代の方はきっと私と同じような感想を持たれると思いますよ~^^

ただし、ネットニュースなどを読んでいると、個人が所有する場合には2台目として、あるいは法人、IoTでの利用などを期待しているとか。なるほど!だからあんなサイトでも良いわけだ。

10. 1月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

Amazon、プライム会員なら読み放題の「Prime Reading」

Amazon.co.jpは、電子書籍読み放題サービス「Prime Reading」の提供を開始しました。Amazonプライム会員なら追加料金無しで、数百冊のKindle書籍、マンガ、雑誌を提供します。プライム会員は月額400円(税込、以下同)または年額3900円で、お急ぎ便やプライム・ビデオなどのAmazonのさまざまな特典を利用できる有料会員サービスです。今回、「Prime Reading」が新たな特典として追加されました。「Prime Reading」の対象となるKindle電子書籍は数百冊規模で、ラインナップは随時入れ替わります。5日時点で、池井戸潤や辻村美月といったベストセラー作家の小説を揃え、マンガは「政宗くんのリベンジ」「インベスターZ」などのシリーズ、雑誌は「Casa BRUTUS」「山と渓谷」などをラインナップしています。Prime Readingオリジナルの短編作品も配信される。スマートフォンのKindleアプリやKindle端末などから閲覧できます。

24. 12月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

nuroモバイルが分割払いを拡充、020番号のデータ専用SIMも提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズは、10月3日から「nuroモバイル」の分割払いを拡充します。ソニーネットワークコミュニケーションズの「nuroモバイル」が、初回支払月を最大6カ月後に設定できる「スキップ払い」を導入しました。分割クレジットに3~20回を追加し、新たにユニバーサルサービスの負担金なしで利用できる020番号帯のデータ専用SIMを提供開始しています。これより分割クレジットに24回に加え3回、6回、10回、12回、15回、18回、20回を追加し、初回支払月を最大6カ月後に設定できる「スキップ払い」を導入。分割クレジットはジャックスと提携し、口座引き落としで提供します。また、10月下旬からデータ専用SIMで020番号帯での発行を開始しました。電気通信番号規則などの一部を改正する省令などに制定に基づき創設された「M2M等専用番号(020)」に対応し、ユニバーサルサービス料不要で利用できます。

17. 12月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

「ZenFone 4 Pro」、1GbpsクラスのLTEとWi-Fiに対応

10月に発売されるASUS製のAndroidスマートフォン「ZenFone 4 Pro」では、クアルコム製チップセット「Snapdragon 835」を採用しています。そして、ギガビットクラスのLTE通信と、IEEE802.11adによるマルチギガビットWi-Fiがサポートされているのです。クアルコムによれば、「ZenFone 4 Pro」は1Gbps級のLTE通信、すなわちギガビットLTEと、IEEE802.11adによるマルチギガビットWi-Fiの両方に対応する世界初の商用スマートフォンだということです。Snapdragon 835には、LTE対応のモデル「X16」が搭載されていて、1Gbps通信をサポートします。IEEE802.11adでは、ミリ波通信(今回は60GHz帯)を利用してLTEを補完する形でギガビット通信を可能にしています。これによって、4K動画を数秒でダウンロードするなど、大容量ファイルを快適に扱えるということです。なおギガビットLTE、IEEE802.11adともに日本で発売される「ZenFone 4 Pro」には適用されません。

10. 12月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

“ゆうちょ銀行がATM検索アプリ、観光案内所やフリーWiFi表示も “

ゆうちょ銀行は、iOS/Android向けの「ゆうちょ銀行ATM検索アプリ」の提供を開始しました。「ゆうちょ銀行ATM検索アプリ」は、全国2万7000カ所以上に設置されている「ゆうちょATM」の情報を検索・表示するアプリです。ATMの操作案内や旅先で役立つ機能も備えているのです。日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の5言語対応ということです。現在地周辺のATM表示のほか、住所やランドマークの名前、駅ナンバーなどで検索して周辺のATMを表示できます。ゆうちょATM・郵便局などの営業時間も表示することもできます。旅先で役立つ機能として、周辺の観光案内所やフリーWiFiスポットの情報も収録し、突然の雨に備えられるよう、マップ上には雨雲レーダーを表示可能です。ルート表示は、車、公共交通機関、徒歩、自転車の4種類に対応。スマートフォンのカメラ画面上に矢印を表示して案内する「ARモード」も搭載しています。

15. 11月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

10月26日から発売

サムスンからGalaxy Note8発売の発表がありましたね。まずはauから今月26日に、その後ドコモでも発売になると言われています。

Galaxy Noteはみなさんもご存じのようにバッテリー発火事故によって日本では新機種が出ても発売されていませんでした。それがやっと今月下旬に発売に。Noteファンの方は待ち遠しかったのではないでしょうか^^

Noteと言えばSペンですが、このペンのタッチ反応速度が向上。書き心地が良くなったほか、「防水機能や動画からのGIFアニメ作成、ルーペ表示、小窓表示、翻訳機能などにも利用できるのが特徴。」とのことです。

また、Galaxyはフレームレスとも言われるように極限までフレームをそぎ落としたデザインが有名ですが、このNote8にもそれが活かされているそうです。

ほかにもデュアルレンズカメラが進化したことで遠い場所からでも美しい写真が撮影できたり、撮影中でもフォーカスを自在に調整できるといった機能など、サムスンが誇る高技術がいくつも搭載されているそうですよ^^

12. 11月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

ドコモオンラインショップ、iPhone 7がMNPで1万5552円~

NTTドコモは、ドコモオンラインショップで販売する一部のスマートフォンについて、端末購入サポートの対象機種の拡充や、月々サポートの増額による実質価格の値下げを実施しました。「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は、MNPで購入する場合について、「端末購入サポート」の対象機種になったのです。たとえば「iPhone 7」32GBモデル(8万2296円、税込)の場合、端末購入サポートによる端末代金の割引額は6万6744円で、割引後の端末価格が1万5552円となっています。「iPhone 7 Plus」256GBモデル(11万9880円)の場合なら、端末購入サポートによる端末代金の割引額は7万7112円です。端末購入サポートは、1年間の継続利用や対象プランへの加入が必要です。「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」はまた、Xiの機種変更による購入についても、通信料を割り引く「月々サポート」が増額され、端末の“実質価格”が値下がりした形ですね。

08. 11月 2017 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

← Older posts

Newer posts →