“HUAWEI Mate 20 Pro(ファーウェイ)のカメラ機能 “

ファーウェイのハイエンドスマホ。量販店やMVNO(格安SIM事業者)で販売しているSIMロックフリーモデルの他、ソフトバンクモデルもあります。SIMロックフリーモデルの実売価格は10万円前後。ソフトバンクモデルのオンラインショップ価格は9万9840円(税込)です。Mate 20 Proの魅力は、ドイツの有名カメラメーカー「Leica(ライカ)」とコラボしたカメラ。アウトカメラは「広角」「望遠(3倍)」に加えて撮影範囲の広い「超広角」の3つを備えます。センサー画素数はそれぞれ4000万、2000万、800万となっています。超広角カメラは山や海の景色や大人数での集合写真を撮影するときに大活躍するはずです。インカメラのセンサーは2400万画素で、顔認証用の赤外線カメラも装備。この赤外線カメラを生かしてインカメラでもポートレート撮影可能です。AIを生かした撮影機能も充実しています。メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備え、外部ストレージは最大256GBのNM Card(メーカー独自規格)に対応しています。https://www.galaxymobile.jp/smartphones/au/

08. 6月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

「らくらくスマートフォンmeF-01l」には富士通のこだわりが満載!

2019年2月に予約が開始されてから、注目を集めている富士通のらくらくスマートフォンme。文字が大きく初めての方でも使いやすいと評判のスマートフォンですが、中でも富士通のこだわりポイントが満載の携帯なのです。まずは、他のスマホには見られなくなってしまったストラップホルダーがついている点です。最近では、このストラップホルダーを付けて落とさないようにするという方はほとんどいないのですが、富士通のこだわりポイントの一つなので是非、利用してみてはください。また二つ目のポイントとして、画面の上下にあるベゼル=狭額縁が通常のスマホよりも長めにとられている点です。これは年配の方が写真を撮る時に画面を横にした場合に、指の置き場があまりにも狭いと持つ場所がなくなってしまい、結果としてタッチパネルに触れて撮影が上手くいかないというのを防止するために作られています。まさに使う人の身になってつくられたスマートフォンだと言えますね。またワンセグ機能がついている点も富士通ならではのこだわりと言えます。

31. 5月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

最新鋭スマホ「Huawei P30 Pro」の最強っぷり

日本上陸も期待されるファーウェイの新型スマートフォン「Huawei P30シリーズ」。既出の記事のとおり、P30シリーズは最大4つの撮影用センサーを備えた“高性能カメラスマホ”です。すでにヨーロッパなど一部の地域では発売開始しています。30 Proの実力を最も実感できるものは、何といってもズーム(望遠)性能。P30 Proの場合は、光学1倍(標準広角)、光学5倍、10倍のハイブリッドズームをワンタップで切り替えることができ、デジタルズームも含めれば最大50倍という破格のズーム性能を持っています。NTTドコモが現在扱っているP20 Proは光学3倍、ハイブリッドズームで最大5倍、デジタルズームでは最大10倍に対応しています。性能的にも、P30 ProはP20 Proよりズーム性能を大幅に強化していることがわかります。作例を見ると、この倍率からくる「スマホのレベルを超えた撮影自由度の高さ」は一目瞭然で、まじめな話、旅好きの人なら、もうコンパクトデジカメは必要ない、と感じる人もいそうなレベルで絵作りは良好に感じます。

25. 5月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

全キャリアで発売「Xperia XZ3」

“Xperia XZ3は、全キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で発売されているスマートフォンです。
Xperia XZ3は人気の最新機種ということで、多くの人が注目している機種の1つでもあるのですが、Xperia XZ3の価格は以下のとおりとなっています。ドコモでは一括の機種代金が約93000円、auでは約99000円、ソフトバンクでは約119000円となっています。
ドコモ公式ショップのXperia XZ3は安いのですが、月々サポート適用時に割引がかかるため、月々サポートも含めてドコモで契約したい場合は、ドコモでXperia XZ3を購入すると良いでしょう。au公式ショップでも、アップグレードプログラムEX加入時に対して、割引がかかる制度となっていますので、これらに注意してXperia XZ3を購入するようにしてください。
補足となりますが、Xperia XZ3以外のスマートフォンは、全キャリアに対応していないこともあります。”

19. 5月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

大画面で軽量・高性能な「AQUOS zero」がSIMフリースマホに

シャープは4月3日、スマートフォン「AQUOS zero」のSIMフリーモデル「SH-M10」を4月9日から販売すると発表しました。6.2インチの国産有機ELディスプレイを搭載しており、6インチ以上でバッテリー容量3000mAh以上の防水対応(IPX5)スマホとしては世界最軽量の146gを実現。映像やゲームコンテンツに適したモデルとしてまする。映像については、HDR映像技術「Dolby Vision」に対応するほか、デジタルシネマの標準規格「DCI-P3」を100%カバーしています。AQUOSで培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」の滑らかな階調表現とあわせて、色鮮やかな映像を映し出します。また、立体音響技術「Dolby Atmos」とステレオスピーカーの搭載により、臨場感のある音で迫力の視聴体験を楽しむことができるのです。ゲームについては、ディスプレイの中央に向かって緩やかに盛り上がる独自のラウンドフォルムを採用したことで、指の動きに合った自然なタッチ操作を実現し、タッチパネルの反応速度も高めています。

15. 5月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

ドコモの夏モデルは2モデル

とある記事を読んだのだが、とても興味の引くものが書いてあったので、それについて簡単にまとめつつ感想を書いていこうと思う。その記事では、ドコモ夏モデルの発売機種についてのリーク情報について書いてある。そしてそのリーク情報を見てみると、発売される機種がわかるそうだ。その情報を元に推測すると、この夏Xperiaはドコモ夏モデルとして2機種をリリースするそうだ。絶対とは言わないが、推測としての結界として捉えてほしい。しかし、そうなると2機種はどんなものかとなる。一つは新型フラッグシップのXperia1らしいのだが、二つ目が謎だそうだ。しかし、先日とある有名な会社が、ドコモ夏モデルXperia1は1機種のみと答えたそうだ。だから、その記事ではXperia2の可能性は無いかと考察している。私はこういう推察系がとても好きなのだが、可能性が低いにしろXperia2が出るのなら、どんなデザインなのか非常に気になるところだ。
https://www.galaxymobile.jp/smartphones/au/

11. 5月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

スマートフォンの「HUAWEI P10」

ハイパーダイヤモンドカット仕上げを採用して強度が増しており、第二世代のダブルレンズカメラや大容量バッテリーなどを搭載しているスマートフォンが「HUAWEI P10」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはダズリングブルー、グラファイトブラック、プレステージゴールド、ミスティックシルバーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約69ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約6.9ミリ、重さ約145gになっています。
CPUはHUAWEI Kirin960オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBです。
OSはアンドロイド7.1でバッテリーは3200mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは約5.1インチIPS液晶ディスプレイです。
このようなスマートフォンのカメラは、ダブルレンズや光学手ぶれ補正がついた約1200万画素+約2000万画素のメインカメラとセルフィーが楽しめる約800万画素のインカメラが搭載されています。https://www.galaxymobile.jp/smartphones/au/

06. 4月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

スマートフォンの「arrows Be F-05J」

シンプルでありながら使い勝手のいいラウンドデザインを採用し、画面が割れにくい独自設計で安心して使用できるスマートフォンが「arrows Be F-05J」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはレッド、ブラック、ホワイトの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約141gになっています。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで最大256GBまで増設できます。
バッテリーは2580mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは優れた耐傷性を備えた約5インチIGZO液晶ディスプレイです。
カメラは画角約90度の広角レンズがついた約1310万画素のメインカメラと画角約85度の広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンにはワンセグやチャイルドロック、手袋タッチなどの便利機能が付いています。

31. 3月 2019 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

ドコモの冬コレクションarrows NXの特長は?

電源ボタンを指でなぞるだけで、Webページや電子書籍、ドキュメントなどの小さい文字を自分にぴったりのサイズに自由自在に調節できる、新センサー「Exlider」を搭載し、画面割れにも傷にも強いモデルです。
新機能となる「Exlider」は、ボディ横の電源ボタンをさっとなぞるだけで、今みているインターネットや電子書籍の画面の文字を拡大してくれるという便利なもの。拡大や縮小、スクロールが電源ボタンをなぞるだけで簡単にできるのです。
また、画面割れへの強さを実現する独自構造がさらに進化。耐久性と美しいデザイン性を両立する、NEW SOLID SHIELD構造で、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験を実施し確かな頑丈さが実証されています。同じ機種を長く使い続けたい人にぴったりです。虹彩と指紋の2つの生体認証に対応しており、IDやパスワードなどの面倒な情報は生体認証でカンタンに呼び出せるなど、高いセキュリティと使いやすさを両立しています。
モスグリーンという珍しいカラーが選べるのも、ポイントですね。

22. 2月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

別のバージョンが遂に

三太郎シリーズも好評ですが、また新たにauでは別バージョンが放送さ始めましたよね。若手の俳優さんとして人気のある神木隆之介が、「意識高すぎ!高杉くん」というシリーズに出演。今後の展開が非常に期待されるところです。

コマーシャルの発表がされた際には、神木隆之介が新たに加わるらしいと聞いていたので、三太郎のうちに誰かに関係ある人物として出てくるのかな、と思っていました。神木くん本人も鬼ちゃんの友達役かな・・とも思ったと。それが全く別のバージョンとなっているんですね。

全く三太郎シリーズとは関係が無いのか、そえともタイムスリップして三太郎と一緒の画面に映るのか。。でもコマーシャルを観ていると全くコンセプトが別のような気がするので、コラボすることは考えにくいかも。

いずれにしても、若い人達に人気がある俳優を使ってのコマーシャルによって新規のユーザーを増やすことができれば、コマーシャルもいろんな展開を期待していくことができそうですよね。

16. 2月 2018 by admin
Categories: 未分類 | Leave a comment

← Older posts